車の所有権解除は簡単!その2 どうやってやる?実際の手続きを徹底解説

前回は、所有権解除とは何か、日数、費用等を解説していきました。

今回は、実際の手続きを徹底解説していきます。

前回のおさらい

・売るときや廃車の時に所有権解除してないと面倒なことになるよ。
・ちゃんがらの場合、完済して17日後には名義変更できたよ。
・かかった費用は800円。
ちゃんがら
ちゃんがら

平日休みがいるけど、自分でやると安いのがメリット。

おおまかな流れ

  0日目:ローン完済10日目:BMWファイナンスより所有権解除手続きの案内が郵送で到着
11日目:BMWファイナンスへ所有権解除の手続きを行う旨を電話。
12日目:役所にて印鑑証明を取得。
16日目:BMWファイナンスより佐川急便で書類が到着。
17日目:陸運局にて名義変更。

ちゃんがらの場合は、こんな感じでした。

所有権解除手続きの電話をする時(11日目)は、届いた「ご契約終了通知書」を手元に用意して電話したほうが契約番号などをすぐに伝えることができますので、スムーズに進みます。

事前に準備!必要なもの

1.印鑑証明

発行場所:役所やコンビニ(マイナンバーカードがある場合)

手数料:300円

-手続きに必要なもの-

1)印鑑登録証

※クレジットカード状のものです。

2)本人確認書類

※運転免許証など

ちゃんがら
ちゃんがら

これが発行できれば、もうほぼ完了したもんですよ。

 

2.譲渡証明書

3.委任状

4.所有者の印鑑証明

発行場所:2.3.4の書類は、BMWファイナンスより送られてきます。(表だと16日目の部分)

※実印または代表印が押印されていることを確認。

※印鑑証明には有効期限があります。(発行より3ヶ月以内)有効期限内に手続きをして下さい。

※手続きにより、所有者の印鑑証明は省略できる場合があります。一緒に入ってなかったら、確認しましょう。

 

5.車検証

※通常であれば、車にのっています。有効期限内のもの。車検切れだとNG。

 

6.実印

※印鑑証明と同じ印鑑。手続きするのに必要です。当日忘れないように注意!

 

ちゃんがら
ちゃんがら

書類が揃ったら陸運局へGO!

実際の手続き

書類が揃ったら、管轄する陸運局(現在の運輸支局)へ行きます。

(以下は鳥取運輸支局の場合。おおまかな流れはどこも大きく変わらないと思います。)

鳥取運輸支局へ到着!

 

グーグルマップで見たところ、段差はほぼゼロ!もし、車高短でも安心です!笑

 

まずは受付

入って正面に受付票の発券機があるので、ボタンを押し発券し、順番を待ちます。

0番窓口に呼ばれる。

受付の人に呼ばれるので、事前に用意した書類・印鑑を持っていきます。

「所有権解除したいです」と伝えれば、書類の確認と書き方を丁寧に教えてくれます。

書類作成が完了したら、隣の建屋の6番窓口で印紙を購入します。

500円支払います。

元の建屋に戻り、1番窓口に書類を提出。

 

しばらく待つと新しい車検証が発行されます。

 

印紙を買った建屋に戻り、10番窓口で自動車税の手続きをします。

※ここでは費用発生しません。

 

完了

提出したら手続き完了です。お疲れ様でした。

手続き自体は発券~完了まで約30分程度で終わりました。

各受付の人が教えてくれますし、記入例も見せてもらえるので、手続きは簡単です。

 

ちゃんがら
ちゃんがら

局内をあっちいったりこっちいったり、お使いクエストみたいに移動するのが大変なぐらいかな?

車屋さんに頼むと、1万円ぐらいは取られる手続きだと思うので、もし平日休みが取れる人であれば、自分で手続きすれば800円で終わります。

皆様の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました