ズボラで面倒くさがりがe-Taxで確定申告してみた。

個人事業主の皆様にとっては、この時期は憂鬱な時期ではないでしょうか。

そう、確定申告

専業であればともかく、本業が会社員で、副業的に行っている方はクソほど大変かと思います。

 

ちゃんがらも会社員と兼業しておりますので、基本的に平日動くのはめちゃくちゃ大変です。申告会場ってかかる時間が見えないし。

ですので、今年はインターネットで申告書を提出できる、e-Taxを使って申告をしました!

わりと簡単に自宅から確定申告が完了できて便利だったので、今回紹介していきます。

 

e-Taxで確定申告をしよう

  • 青色申告をしないといけない。
  • ズボラで経理の知識が最低限の「さ」の字ぐらいしかない。
  • なかなか申告会場へ行く時間が作れない。
ちゃんがら
ちゃんがら

上記に当てはまる人は、同志なので、参考になるかも。

まぁ、僕のことなんだけれども。

<流れ>

  1. 税務署でID,パスワードを発行する。
  2. 会計ソフト等で確定申告書を作成する。
  3. (2)で作った確定申告書を元に、国税庁のサイトで実際の申告書を作成する。
  4. そのまま送信して終了!

e-Taxしたいけど、マイナンバーカードもリーダーもない!

安心してください、ID・パスワード方式なら申告できます。

一番最初に、この問題にぶつかりました。

ネットを使って申告できるのは、まことしやかに聞いておりましたが、マイナンバーカードとかICリーダーが必要で発行するまでなんか色々しないといけなくて面倒くさいんでしょ的な。

もちろん、持っていなくて、マイナンバーカードは発行までに一か月程度かかるみたいですし。詰んだな、と。

そこで調べてみると、「ID・パスワード方式」であれば、税務署で即日発行できて、リーダー等も不要で申告が行えるとのことでした。

確定申告をする前の準備

ID、パスワードの発行に税務署へ。

冒頭に、平日動くのはめちゃくちゃ大変とか言っておきながら、ここだけは、済ませておかないといけないので、半休をとって税務署へ行ってきました。

総合受付で「e-Taxするのに必要なID,パスワードを発行してもらいたい」と伝えるだけです。

あとは別室に呼ばれ、職員の方と一緒に端末を操作して発行する形です。都度説明が入るので、さくさく進めれます。

受付から発行完了まで大体30分程度で終わりました。

この利用者識別番号(ID)と暗証番号(パスワード)が申請時に必要なので、必ず取っておきましょう。

会計ソフトでとりあえず、確定申告の用紙を作る。

普段は弥生会計を使っているのですが、弥生ではID・パスワード方式のe-Taxには対応していないので、ひとまず弥生で確定申告書を作成し、それを元に、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で実際の書類を作成、送信する流れになります。

数字は、弥生の申告書のものをそのまま手入力すれば良いですし、フォーマットもほぼ一緒なので、かなり分かりやすいかと思います。

国税庁のサイトで実際に確定申告書を作ってみる。

元となる申告書ができたら、実際に国税庁のサイトで申告書を作ってみましょう。

申告書作成時に用意するものリスト

<必要なもの>

  1. 利用者識別番号等の通知書
  2. 入力元となる申告書(あれば、入力しやすくて便利です。)青色申告決算書・申告書B第一と第二表
  3. マイナンバーが分かるもの

もちろんですが、パソコンとネット回線は必須です(*´ω`)

国税庁のサイトへGO

国税庁確定申告書等作成コーナー

申告書を実際に作成していきます。

決算書コーナーですね。

作成開始であとは、そのまま画面に従い進んでいくだけのような感じです。

決算書入力とかは、まさに弥生でつくった決算書をそのまま入力していっただけです。

合計金額で差異がないか見返せるので、入力間違いに気が付きやすいです。

 

入力されていない科目、売上(収入)金額等は、クリックして別窓に移動することで入力することができます。地代家賃とかも同じくですね。

 

貸借対照表に関しても、基本的に同じで弥生でつくった元データと同じ数値をそのまま入れていくだけ。項目もほぼ同じ場所にあるので、結構らくちん。

 

データ引継ぎをして、そのまま所得税の申告書も

決算書ができたら、そのままデータを引き継いで、所得税の申告書も作成できます。

こちらも、提出書類だと思いますので、そのままで作った方が良いです。

 

先ほどの決算書同様に、弥生の出力をそのまま打っていくだけなので、非常に簡単です。

 

源泉徴収票の入力も、入力場所が画像で示されていて、分かりやすかったです。

 

最後に、申告書等の確認・印刷を済ませ、送信して終了です!

 

自宅で、夜中に作成して提出できました。

申告会場へ行く必要もなく、郵送で送る必要もなく、今年もなんとか確定申告を終えることができました。

ちゃんがら
ちゃんがら

e-Tax個人的にはめちゃくちゃ良いです。

メンテナンス等で稼働していない時がある。

24時間いつでもどこでも!と思っていたら、そうでもないようで。

e-Taxにも稼働していない時間があります。稼働している時間を確かめてから申告しましょう。

 

以上、今年も申告お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました